メソセラピー(脂肪溶解注射)って何?脂肪吸引との違いは?

脂肪吸引にまつわる情報をたくさん見てきましたが、メソセラピーって何?と、聞きなれない方も多いことと思います。

まず脂肪吸引は脂肪を吸い出して、体外に排出することを指します。

脂肪を簡単に減らすことができますが、全身麻酔だったり、術後の腫れ、また脂肪を強引に吸い出す行為で出血も伴い、身体に対する負担が大きいのが欠点です。

これに対し、メソセラピーは医療痩身注射療法のことを差します。

吸い出すのではなく、脂肪溶解剤を皮フ層と皮下層に交互に数回わけて注射をします。メソセラピーは、 ホスファチジル-コリンという脂肪除去治療薬を用いた治療法で、この薬は大豆レシチンが成分になります。

科学薬品ではないので身体に注射しても安心ですし、もともとは高脂血症や脂肪肝等の病気の治療薬として使用されていたものなので、減らしたい脂肪のある部位の皮膚に注射をすることで、脂肪が減少し、溶け出した脂肪は血液中をながれて体外に尿や便と一緒に排出されます。

ですので、デリケートな部分、たとえばフェイスラインにも使用できます。

また、部分で使うのであればとても効果を発しますので、下腹部・太もも・ふくらはぎ・二の腕などにも非常に効果的でしょう。

脂肪吸引に関する情報をたくさん目にしてきましたが、切開したり、手術することに抵抗のある方は吸引よりも実践しやすいメソセラピーからはじめられても良いかもしれませんね。

基本的に脂肪吸引を施術している美容整形外科ならば、大体メソセラピーも施術可能なところが多いですね。

コメントは受け付けていません。