気になる脂肪吸引、やはり失敗談はありますか?

脂肪吸引は残念ながら失敗談もあります。

脂肪吸引を行った人が100%成功しているかというと、そうは言い切れないのが事実です。
こればかりは仕方ありません。キチンと真実を知ることも重要ですよね。

よくテレビの特集などで、公のところではない美容外科で施術した失敗談を取り上げていることがありますよね。しかし、登録をしているちゃんとした美容外科でも術後、失敗談があるのも事実なんです。

さあ、どんな失敗談があるのか、ピックアップしてみました。

例1はバランスの失敗例です。
Aさんは施術まえにエコーや超音波などで、医師と一緒に脂肪の位置を確認し、どの部分を減らしてどんなボディラインにするか相談後、手術を行いました。
しかし、術後の体型は相談して決めていたものと違い、左右がアンバランスになってしまいました。

例2は両腿の脂肪吸引で大量出血した例です。
Bさんは術後足の腫れが引かず一時は歩行困難になり、また足の色が変色してしまいました。その後貧血で倒れてしまい、他の病院で輸血をしました。

以上の例のように、失敗談も多く存在します。

上記の例は別に、これから脂肪吸引にチャレンジしたいという方を脅したいわけではありません。

ただ、美しいボディラインを目指すのであれば、調べすぎてもいいくらいだとわたしは思っています。後で後悔しないために、美容外科は慎重に選び、本やインターネットなどの情報を上手に活用しましょう。

脂肪吸引のメリットとデメリット、両方をキチンと認識しておくことで、正しい選択ができるのではないかと思います。

コメントは受け付けていません。