脂肪吸引、やっぱり後遺症ってあるの?

リバウンドもほとんど無くて好みのスタイルに、ボディデザインまで可能な脂肪吸引ですが、脂肪吸引を受けた後に後遺症が残る場合もあるのでしょうか。

もちろん麻酔やメスなども用いて行なう場合の多い医療行為ですから、事故や後遺症が全く無いとは言い切れないのかもしれませんし、脂肪吸引後の後遺症で裁判などが起きていることも事実のようです。

では実際にはどのような後遺症が起きているのでしょうか。

脂肪吸引の後遺症の例を調べてみると、脂肪の取りすぎにより肌の表面がデコボコになってしまうものです。

また術後の腫れや痛みが続く期間にも個人差があり、長い間腫れや痛みが続く人は日常生活にも支障がある場合も少なくないようです。

思っていたよりも傷跡が目立ってしまったり、脚や腕、顔などの脂肪吸引の場合には左右のバランスが均等ではなくなってしまうこともあります。

調べていくうちに脂肪吸引って怖いと思ってしまいましたが、それでも脂肪吸引を受ける人たちがたくさんいるのは、大勢の人たちが成功していることやメリットが大きいことが理由でしょう。

メリットが大きい分だけデメリットも大きいものなのかもしれません。

傷跡や腫れ・痛みは個人差が大きいですから、脂肪吸引を受けてみないと術後の経過についてはわかりませんね。

脂肪吸引を受けたいと思ったら、脂肪吸引後の後遺症についても美容整形外科に問い合わせて納得いくまで聞いてみましょう。

コメントは受け付けていません。