脂肪吸引の方法の一つ【シリンジ法】とは?

脂肪吸引の方法のひとつにシリンジ法と呼ばれる方法があるそうです。

痛みや体の負担も少ないと言われているようで、興味を持ち調べてみることにしました。

どのような方法で行なわれるのか調べてみると、脂肪吸引をシリンジと呼ばれる機械を使って全て手作業で行なうそうです。この方法では血管や脂肪の下にある皮下組織への影響が少ないので、手術の後の皮下出血や痛み、腫れが少なく手術の後の回復が早いそうです。

また従来の方法と比べて、皮下出出血や腫れなどが約半分の期間で済むため、体への負担がとても軽く済むようです。施術後のケアも通常は脂肪吸引した箇所を、3日ほど圧迫固定するのが一般的なのですが、シリンジを使った方法では翌日に圧迫固定を外すことができます。

脂肪吸引後の仕上がりの状態についても、機械に頼らないシリンジ法では、細かい部分まで脂肪の取りすぎや取り残しが少なく、仕上がりがきれいだと言われています。

もちろん麻酔をしてから脂肪吸引をしますので、施術中は脂肪吸引の痛みを感じることはありません。

脂肪吸引にはリスクも伴いますが、リバウンドしないなどメリットも大きいです。そのリスクを減らしてくれるシリンジ法は、詳しく調べるほどとても良さそうな印象を受けます。

どうしても体へ負担かかる脂肪吸引ですから、脂肪吸引したいと考えるのであれば
少しでも体への負担が少ない方法で行なえるように、いろいろな方法を検討してからにしたいものですね。

コメントは受け付けていません。