頬にも脂肪吸引は効果的なんです!

「顔の悩みは?」と質問されて、「ふっくらとした頬」と答える方の数も少なくないのではないかと思います。

ふっくらした頬は良いようにいえば愛らしいイメージもありますが、悪く言えば顔の大きさを強調してしまったり、頬のたるみのせいで実年齢よりも老けて見られたりということの原因にもなります。

ダイエットをしてもなかなか顔の部分痩せと言うのは難しいのではないでしょうか。

この悩みを解消できる方法が頬の脂肪吸引です。頬のラインがすっきりシャープになることで、見た目の印象は随分変わりますので、実年齢より若く見られることも可能で、アンチエイジング効果も期待できます。

ですが、一番目立つ顔の問題ですので、誰もが術後の状態や仕上がりが気になるのではないでしょうか?

頬の脂肪吸引の手術後しばらくは腫れが残ります。この腫れは徐々にひいていくものなので心配要りませんが、腫れを押さえたるみを防止するために2~3日テーピングすることが多いです。

頬の脂肪吸引のためにお仕事を休まれるのならば、テーピングの期間や腫れがひくまでの時間も考慮して休暇日数を調節した方が良いでしょう。

また脂肪吸引などの美容外科手術においての仕上がりの美しさは、ドクターの腕次第といっても過言ではありません。

良く内容を理解せずに施術して後悔することになってもいけませんので、頬の脂肪吸引をする際は、自分が信頼できる医師探しと、納得のできる説明を求めるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。